2017.06.10 Saturday

時々 想いを馳せてしまう

0

    1月に行ったディズニークルーズ。

    いまだに みんなからよくその時のことを聞かれるし

    私も話したがるし

    携帯の待ち受けも今その時の海の風景なので

    夜中にふとそのmagicalnな旅を思い出しては

    次に行った時はこれをしよう、と予定もないのにあれこれ1人で考えてニマニマしてしまいます。

     

    次に行った時は(別にまだ予定はありません!)

    ちょっと考えられない贅沢なルームサービスをお願いしたいと思います。

     

    クルーズ中のお食事は全て費用に含まれているので、どこでどれだけ食べても構いません。

    基本的には夕食は毎晩ちがう指定されたレストランでテーブルが用意されていてフルコースです。

    もちろんそこで食べなくても良くてプールサイドのピザやハンバーガーでもいいし

    ルームサービスも24時間OKです。

     

    でもいくら追加の費用は要らないからといっても、なんだかルームサービスをお願いするのは私たち日本人庶民には気がひけて、1日のスタートにベランダで海を眺めながら食べたくて朝食をお部屋に届けてもらっただけでした。

     

    ある日のレストランでのディナーはこんな感じ。

    たくさんのメニューの中から好きなだけ選べるんです。


     

    デザートもたくさんの種類があるのですが

    子どもが喜ぶこんなものもフルコースの後に頼めました!

    ミッキーのアイスクリームバー。

    (あー、なんか写真が可愛くないけど、実物はとても可愛かった。)


     

     

    そして

    このミッキーのアイスクリームバーを1本

    ルームサービスでお願いしていた人がいました!

    偶然、そのお部屋の前を通りかかったんです。子どもがおねだりしたらしく、すごく嬉しそうに受け取っていました。

     

    それってすごい贅沢だと思いませんか。

    レストランで食べるより、自分のお部屋でゆっくり食べる方が絶対に美味しい。

     

    次にクルーズに行った時にしたいことリストに追加。

     

    ミッキーのアイスクリームバーをルームサービスで食べる。

     

    何度も言いますが、まだ予定はありません。(笑)

    でも、3月に教室からの旅行でカリフォルニアに行った時に、ディズニーランドで「ここで申し込めばディズニークルーズ半額」というキャンペーンをしている場所があったので、今度カリフォルニアに行った時にそんなキャンペーンがあったら、ぜひとも申し込みたいと たくらんでいます。

    2017.05.08 Monday

    レアな写真

    0

      お正月に行ったディズニークルーズのふりかえり。

       

      地味なんですが ちょっとレアな風景を

      ご紹介したいなと思いました。

       

      これがレアな写真ではないのですが

      前置きとしてこちらから。

       

      私たちが泊まったキャビンが

      とってもラッキーだったことに最後尾のお部屋にアサインされたので

      驚くほどベランダが広くて。

      これは出港前の停泊中の写真です。

      お昼前に乗船して、出航までの間もランチを食べたりプールで遊んだり。

      お部屋には13時から入室できるので、このベランダに感動した私たちはここでまったりしていました。


       

      ベランダの左側が岸になっていました。

       

      iPhoneImage.png

       

      このロープで大きなクルーズ船が岸に繋がれてるんだな、と思っていたら

      あれ?なんか一台の車が。


       

      そこから誰か降りてきました。

      もしや、この人がロープを放つのか??

       

       

      17時の出航の30分前には

      デッキで出航パーティが行われ、キャラクター達も登場して大盛りあがりらしい。

        こんな感じで。(これは他の旅行者の方のお写真をお借りしました。)

          ⇩

       

      絶対にみんなこれは見逃せなくて最上階のデッキにぎゅうぎゅうに人が集まるらしく

      私たちも早くから良い場所取りをしなくては(日本人だからそう思う。笑)と計画していましたが

      最後尾のお部屋のデッキから見えてしまった(他のお部屋からは見えそうにない。)この光景にクギ付けになってしまいました。

      だって、この出航パーティの画像や動画はネットでいっぱい見てきているけど、出航とともにロープを外す人がいるなんて、今までどこにも写真や記述を拝見したことなかったですから。

      これはレアだと大興奮しました。

       

      30分前からずっとカメラとビデオカメラ構えていました。

      盛り上がるデッキからの歓声をちょっと羨ましがりながら。

       

      しかし、遠目にはわからなかったけど

      赤いのってライフジャケットだよね。

      ライフジャケットが小さいのか

      この人が大きいのか。

      何かあった時にこれでいいんでしょうか。笑


       

      そして出航パーティの大きな歓声が聞こえる中、汽笛が鳴り響き

      (肝心のロープが放たれた場面はビデオで撮ったので写真はないのですが)

      小さなライフジャケットの人はすぐに車で立ち去り

      無事に出航したのでした。

      いや、地味だけど、この人なにげに大役だよね。

       

      すぐに夕焼けも楽しめて

      出航パーティを見逃したけど、人混の中ではなく私たちだけで景色を独り占めできた感じで

      なかなか素敵な旅立ちが経験できました。


       

      でも、もし今度いつかまた行くことができたら

      今度は出航パーティを見る!!




       

      2017.05.04 Thursday

      Fish Extender

      0

        皆さま

        ゴールデンウイークをいかがお過ごしでしょうか。

         

        私たちは毎年のことですが

        どこにも出かけず たまりにたまった雑務に向き合いながら

        ここ数ヶ月の写真を見直しながら楽しかった色々を思い出しています。

         

        よかったなあ。

        お正月に行ったディズニークルーズ。

        下調べは色々していったものの終わってから思い直して

        あー、もう一度やり直したい!

        って思ってしまいます。

        すごく楽しかった分、一生のうちに何度も行けそうもないので悔いも残る。(笑)


         

        「しなくて残念だった知らなかったこと」ナンバーワンは

         FISH EXTENDER!!

         

        船のそれぞれのお部屋のドアの廊下側の横にこんなお魚がありました。


         

        そして、そこにこうやってウォールポケットをかけているお部屋がちらほらありました。

        なんだろう??って思っていたのですが、私たちのお部屋の中にもお部屋係の人がお掃除の時に届けてくれたであろうクルーの人たちからのお手紙やイベントの招待状みたいなのが置かれてあったので、そのお手紙入れかなあ、と思っていました。


         

        たくさんのお部屋の外にそのポケットがあったわけではなかったのですが

        ポケットに名前もあって可愛くて楽しいなあ、と思って廊下を歩くたびに見ていました。




        そして、そのポケットが何か、日本に帰ってから知りました。

         

        それはFISH EXTENDER(フィッシュエクステンダー)というものでした。

        ディズニークルーズ公式のものではなくて、有志の間で行われています。

        事前に同じクルーズに乗る人達同士でfacebookや非公式のフィッシュエクステンダーのコミュニティのサイトなどでグループを作り、そのグループの中で、プレゼント交換を行うのです。

        該当のクルーズに乗る誰かがボランティアでリーダーになり、10室から20室くらいでグループリストを作って、それぞれが自分たちのお部屋番号、性別、年齢、好きなキャラクターやアレルギーの有無(お菓子がプレゼントになることもあるからかな?)などを書き込み、クルーズ中に最低1回はグループの人のお部屋の前に行って、そのポケットにプレゼントを入れます。家族に一つでもいいし、一人一人にでもいいそうで、市販のものでも手作りでもよく、プレゼントのアイデアや情報のブログやサイトもいっぱいあります。グループの人達の名前も事前にわかるので、名前入りで何かをカスタマイズする人も多そうです。

        あ、事前のやり取りももちろん英語です。

         

        すごくアメリカらしい遊びで考えただけでもウキウキしてきて、あー、どうして私、これを知らずにクルーズに行っちゃったんだろう、と悔やまれました。

         

        もしも、又行く事が出来たら

        日本のものなんて珍しくて喜んでもらえるんじゃないかな?

        100均のものをアレンジしても楽しいし、折り紙で作ったものをつけてもいいな。

         

        いや、でもクルーズ船はすごく大きくて10階くらいあるから、プレゼントを配るのはものすごく歩かなくちゃいけないだろうな。

        そうでなくても船内イベントは沢山あって忙しいのに、Fish Extenderに参加したらますます忙しいどころか、したい事がもっとできなくなるかな。っていうか、プレゼントを持っていくだけではなく持って帰るという事は、スーツケースが余分に一ついる?

         

        など、具体的に色々とウキウキしたり悩んだり。

        クルーズに行く予定はまだ全然ないのに、Fish Extenderのコミュニティに入ってしまいました(笑)

         

        行く人がいたら、ぜひFish Extenderに参加して

        どんなプレゼントをもらったか教えてください!

         

         

        あー、やり直したい。


        2017.01.26 Thursday

        Disney Cruise 振り返り☆動画

        0

          この日の日記に「また動画載せます」って書いてたのに

          載せていなかったことに気がつきました。

           

          http://tofriends.jugem.jp/?day=20170109

           

           

          なかなか動画では伝わりにくいかもしれませんが

          クルーズ最後の夕食の時の

          素晴らしいホスピタリティをちょっとご覧ください。

           

          デザートの前にサプライズでミッキー登場。

           

           

           

          そして全部のテーブルにご挨拶した後

          ミッキーが呼びかけて登場したのはビックリするほどたくさんのサーバーさん。

          私たちが毎日楽しく食事ができたのは、この人たちのおかげだったんだ!とウルウルきました。

           

           

          感動でした。

           

          若い頃だったら、ディズニーのクルーズ船で働きたいと思って英語もっと頑張れただろうな。

           

           

           

           

           

          2017.01.11 Wednesday

          DAY4 ☆ 下船

          0

            4日め

            朝起きたら

            マイアミ港に着いていました。

            帰ってきちゃった。

             

            船の上での最後の朝ごはんは、

            ローテーションダイニングで前夜に夕食をとったレストランで。

            3日間 お世話になったサーバーさんとお別れ。




            メニューの表紙で

            "SEE YA REAL SOON"

            (またすぐ会おうね)って

            キャプテンミッキーが言ってる。


             

            良い旅でした。

            クルーズ旅行をするにあたって

            私たちがクルーズ船の出発地として選んだマイアミ港は、同じフロリダでも色々な旅行会社が携わっているポートカナベルとは違ってあまり情報がなかったので、この半年、ネットで検索してたくさんのブログやレビューを日本語 英語問わずいっぱい読んできましたが、実際に経験してみて、その文章からは汲み取れないほどの感動がいっぱいでした。

            おそらく私の日記からも全然皆さんにお伝えできていないと思います。

             

            ディズニーのホスピタリティすごい!

             

            最新のIT技術と、人の心の温かさの融合。

             

            乗船する前から港にいたカメラマンさんが撮ってくれた写真から、船の上、寄港した島で、とあちこちで撮ってもらった写真が、魔法のように、下船の時にはA4サイズからB5サイズにプリントされて(プラス 写真データCDも)50枚以上届けられました。

            乗船前だと割引があるから、その「撮ってもらい放題の写真パッケージ」を日本から購入していたのですが、チェックインの時に撮られた顔写真からの顔認証というやつですね。本当にビックリしました。2,000人もの乗客がいるのに、間違いなく全部撮ってもらった記憶のあるものはありました。

             

            そして、うちのちびっ子は初日にキッズアクティビティの登録をして受け取ったリストバンドを、ずっとつけていました。

            1日に何度も子どもの遊び場「オセアニアクラブ」に行きたがりました。保護者が送ってオセアニアクラブに行って、そこで子どもが自分だけでリストバンドをかざしてチェックインして広い遊びのスペースに遊びに行きます。色々な遊びの部屋があって、クルーが一緒にいっぱい遊んでくれて、夜中もパジャマパーティなんていうものがありました。

            保護者が迎えに行くと入り口で、子どものリストバンドからでしょう、クルーに位置確認がしてもらえて、自分の子どもがどのお部屋にいるかわかってお迎えに行くのです。リストバンドには一緒に旅をしている家族の顔や情報だけでなく、クルーが一緒に遊んでその子から知るその子の好きな遊びや好きなキャラクターなどが加えられて行きます。

            初日に遊んでもらったクルーから、お部屋に「来てくれてありがとう」のカードも翌朝届いていました。

             

            お部屋の担当、ダイニングの担当のクルーの心配りも素晴らしかったです。

            毎日「はじめてのクルーズおめでとう!」とか「楽しんでもらっていますか?」など、色々なカードが色々な方々から届きました。

            うーん。言葉に言い尽くせない感謝です。

             

            教室の生徒さんたちといつか一緒に行けたらいいなという気持ちも大きくて

            私たちの中では、下見も兼ねての旅でしたが

             

            やっぱりみんなにこの経験は味わってほしい!

            という気持ちが強まりました。

             

            ただし

            英語必須!です。

            予想以上に英語必要でした。

            会話だけでなく、情報を読み取ることも求められます。

            英語は自分の思いを伝えたり、必要なことを教えてもらう大事なものだなと実感です。

            みんな、一緒に行けるように頑張って〜。

             

            おそらく皆さんが気になる旅行代金は

            個人手配をすると実は驚くほどリーズナブルです。

            普通にホテルに泊まってお食事して観光に行くのと同じくらいです。

             

            クルーズって、それぞれの時間の過ごし方が素敵です。

            70歳以上の方が船上で白いドレスとタキシードで結婚式を挙げていらっしゃいました。

            また、50歳くらいのご夫婦がデッキのテーブルで二人でゆっくりとチェスか何かのボードゲームを楽しんでいらっしゃいました。

            なんだかいいなあ。

             

             

             

            さて

            今日から教室は通常通りなので

            一応、クルーズ旅行の日記はおしまいにしますが

            多分、まだまだ振り返り、時おり書くと思いますので、その時はどうぞお付き合いください。(笑)

             

             

             

            最後に、ものすごい数撮った写真の中で

            私のお気に入りの1枚を。

             

            2日めの朝 お部屋のデッキで、日が昇って空が赤くなっていた時に

            よし先生が、「どうしてアメリカはいま朝なのに、日本は夜なの?」と不思議がる うちのちびっ子に、どうしてか教えてあげているところです。 こういう姿を見ることができている私はとても幸せ者でした。

             


            2017.01.10 Tuesday

            DAY3 ☆ See ya real soon!

            0

              ただいま!

              先ほど日本に帰ってきました。

              教室は明日から通常通りです

              よろしくお願いします!

               

              日本に帰ってしまっているので

              クルーズ旅行記、焦って仕上げていきます!

               

              昨日の続きです☆☆

               

              最後の夕食の後は

              すぐにロビーに。

               

              ロビーにミッキーと仲間たちが全員集合して

              みんなに航海の最後を告げる時間のようでした。

              ロビーは吹き抜けになっているので

              上の階までたくさんの人が集まって見下ろして待っていました。

              たくさんの人なんだけど、押し合うわけでもないし、われ先に!という感じもないし

              アメリカの人たちっていいなあ、ってここでも思いました。


               

              一昨日、このロビーから入ってきて

              「Welcome! Arai Family!!」ってアナウンスしてもらって

              クルーの皆さんに拍手で迎えてもらってワクワクしたなあ、と思っているうちに


               

              キャラクターたちが

              やってきました!

               

               

              この歌、感動。


               

              みんなで "See ya real soon!"って言ったら

              本当にまた近いうちに会えそうな

              逆に2度と会えないような

              しんみりした気持ちになりました。

               

               

              みんながいなくなったロビーに残った

              さっき降ってきたキラキラを見ると

              ちゃんとミッキーの形でした。


               

              ああ、もう今日寝て明日目覚めたら

              港についているのかな。

               

              と思ったら寝るのが勿体ない気持ちでした。

               

              最終日の朝に続きます。

               

              to be continued....

              2017.01.09 Monday

              DAY3☆最後の夕食

              0
                クルーズの夕食は
                ローテーションダイニングと言って
                毎晩異なった決めてもらったレストランになります。

                最初の日から、ヘッドサーバー、サーバー、アシスタントサーバーの方は同じです。

                このサービスがまた素晴らしくて、最初の日のテーブルで一人一人の食の好みをしっかり把握してくれるのです。
                夕方までにお願いしておくと、レストランのコース料理と同じメニューをルームサービスでいただくことが出来るのですが、この最後の日は絶対にレストランに来た方がいいですよ! と、サーバーさんに言ってもらっていました。

                私たちの最後のローテーションダイニングの

                ☆Animator's Palate☆




                入り口のところから壁紙がディズニーキャラクターのアニメーションでいっぱいなのですが、ダイニングのお部屋が360度 額縁でいっぱいで、真っ白なところから次々とアニメーションが描きあがって行くのです。
                うちのちびっ子は(いや、大人の私も)
                お食事よりもそちらを見て何のキャラクターが出来上がるのかワクワクでした。




                もちろんお料理も食器も素晴らしくて、他の夕食のレストラン同様、前菜、スープ、サラダ、メインディッシュ、デザートと、それぞれ数種類ある中から選ぶことが出来ます。楽しい。




                クライマックスは、デザートの前。

                壁のアニメーションが全て出来上がったあと、音楽とともにアニメーションが動き出し、ストーリーを奏でます。


                最後が圧巻で、ミッキーのアニメーションの時にファンタズミック!の音楽とともに、本物の魔法使いのミッキー登場!!




                みんな大喜びです!!!


                それだけにはとどまらず、ミッキーのかけ声で、この3日間、乗船客の私達のお食事のために頑張ってくれた大勢のクルーが登場。
                わぁ、こんなにたくさんの人が私達の楽しい船旅のために働いてくれていたんだ!と感動しすぎて、ミッキーよりもその人達がキラキラして見えました。
                クルーの皆さんの労をねぎらうミッキーの姿に、子ども達もあらためてサーバーさん達への感謝を学んだことと思います。
                本当に素敵すぎた夕食でした。


                今、マイアミ空港からトランジットのロサンゼルスで、この日記を更新しています。
                また日本に帰ってから、この時の動画を載せたいと思います!


                夕食後はさらにミッキーと仲間たちのfarewellがありました。


                to be continued....
                2017.01.08 Sunday

                DAY 3 ☆ Castaway Cay

                0
                  ただいま数時間後の日本に向けての飛行機に搭乗するべく、マイアミ空港内のホテルに滞在中です。

                  3日めの、念願だった ディズニーのプライベートアイランド Castsway Cayでの時間を振り返ります。
                  本当にこんなところあるんだ、って思いました。
                  まさに夢の島。



                  海で泳いだことがないから絶対泳がない、って言っていた うちのちびっ子が、思わず服のまま入っていき、私がこっそり持って行っていた水着に喜んで着替えて、置いてある ご自由にどうぞのライフジャケットを身につけ、1時間以上ひとりで 浅瀬で遊んだり泳いだり砂遊びをしたり。無料で借りられるタオルもあちこちに置いてあります。

                  なんと 砂浜用でそのまま海に入ることが出来る車椅子も完備。こちらももちろん無料です。有難い。
                  車椅子ユーザーの弟も近くで海を感じられて嬉しそうでした。
                  やっぱり色々な幸せをくれる夢の島でした。



                  食べ物も飲み物も島内のあちこちで好きなだけいただけます。
                  私たちはバーベキューをいただきました。
                  最高。



                  この島はディズニークルーズに参加しないと行けないところ。
                  だからクルーズに行きたかったのです。
                  私たちはのんびり過ごしていましたが
                  マリンスポーツあり、ビーチバレーあり、魚釣りあり、といっぱい楽しめます。

                  またいつか行けるかなぁ。





                  DAY3はまだまだ続きます。

                  to be continued....
                  2017.01.07 Saturday

                  DAY2 ☆続き

                  0
                    2日めのベランダでの朝食の続きです。

                    終日洋上の日でした。

                    毎日どこかに寄港するスケジュールのクルーズもあったのですが、せっかくなので船内の色々を楽しみたいと思って、この航路のクルーズを選んだのです。

                    1日めは「キャラクターに会いたい気持ちを我慢して他の事を色々楽しむ」日にしていましたが、2日めはキャラクターを楽しむ日に。

                    午前中でこんなに会えました。




                    その後はランチ。
                    船内にはたくさんの食事が出来る場所がありますが(何度も言いますが all includedで無料です) 「こんなにたくさんの種類があるところ初めて!」って言うくらいのビュッフェレストランにしました。最初の方で既にお皿いっぱいになってしまって、あとの方もたくさん美味しそうなものがあったので、早まらなければ良かった、ビュッフェは全部ひと通り見てから最初に戻ってお皿にとるべきだ、と学びました!




                    さて、その後は20組限定のプリンセスとのお茶会に、うちのちびっこと行きました。
                    いやー、すごかったです。
                    すごいフォーマルで、一人一人「プリンセス ○○」とお名前をアナウンスされてエスコートされて登場しティアラをつけてもらい着席。

                    絶対落として割らんといてー、と心で念じていたくらいの食器でのお紅茶に見せた実はオレンジジュース(かな?)と次々に出てくる贅沢なお菓子たち。歌ありダンスありで、3人のプリンセスからはそれぞれの子どもたちに色々なプレゼントが渡されます。

                    うちの子は「楽しいけど、ちょっと早くお部屋に帰りたい気持ち。」と、私に耳うちしてきました。
                    そりゃそうだよね。
                    みーんなプリンセスにドレスアップして、そしてアメリカの子達はフレンドリーで、初めて会った人たちとのパーティもこなせる子がいっぱい。90分間、長い。
                    気おくれ全開の うちの子。
                    そして私も実は人見知り。

                    ところが!
                    前に座っていらっしゃったお母様と4歳の女の子が日本に来たことがあると言うところから会話がはずみ、最後には子ども達同士もハグして別れを惜しみ、大人同士は、又どちらかの国で再会の機会がありますようにとメールアドレスを交換したりしました。

                    やっぱり経験させるって大事ですね。
                    子どもはこうして自信をつけていくんだろうな。

                    翌朝にはプリンセスと撮った写真が入れられた立派なフレームが、プリンセスからのお礼状と一緒にお部屋に届けられました。
                    あくまでも、うちの子もプリンセスと言う設定のお手紙でした。
                    さすがディズニー。




                    お茶会が終わり廊下に出ると
                    大人も子どもも海賊っぽい雰囲気になっていました。
                    そう、2日めの夜は「パイレーツナイト」です。
                    パーティがスタートする19:30が近づくにつれて、どんどんみんな海賊になっていきます。
                    私達も、この日のために用意したパイレーツオブカリビアンのTシャツを着ました。

                    実は、はりきり過ぎて うちのちびっ子は海賊の服を来たまま眠ってしまいました。だからパイレーツナイトは、よし先生と私と交代で少しだけ見に行きましたが、私が行った時はクライマックスで、デッキに集まったあふれる乗客からミッキーコールがおこり、ミッキーが船の上を飛びました!そしてたくさんの打ち上げ花火。船でこれだけの花火って!!
                    私の大好きなカリフォルニアディズニーのファンタズミックに並ぶくらいのミッキーのヒーローぶりに興奮しました。



                    その頃、パイレーツナイトに寝てしまった自分が悔しくて大泣きしながら目を覚ました うちのちびっ子。
                    でも機嫌直りました。
                    深夜までパイレーツ姿のミッキー達がいてくれたからです。



                    寝るところも 食べるところも 遊ぶところも同じクルーズは、お子さん連れの旅に最高だと思います!

                    さて
                    3日めに続きます。
                    2017.01.07 Saturday

                    DAY3☆目覚めたら

                    0
                      まだ2日めの日記をちゃんと書いていませんが

                      3日めの朝
                      目覚めたら

                      見えたー!

                      Disneyのプライベートアイランド Castaway Cay。
                      最後尾からバックして入るから
                      最後尾の私のお部屋のベランダから最初に見える??






                      いまから下船します!!
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM