2017.04.29 Saturday

まだ振り返ってしまう

0

    ちょうど1ヶ月前

    みんなとのアメリカ旅行から帰ってきたんだったな。

     

    まだまだ心がアメリカに少し残っていて

    振り返ってしまいます。

     

    今回、インスタントカメラの「チェキ」を持って行きました。

    去年の誕生日にプレゼントにもらったものなんですが

    スマホで撮った写真をwifiでチェキに送ってすぐにプリント出来る、という優れもの。

     

    今回はしたいことがありました。

    日本のディズニーランドでは不可能に近いと思われること。

     

    キャラクターと出会って写真を撮ったりサインをもらったりが頻繁に出来るカリフォルニアディズニー。

    撮った写真をチェキでその場でプリントして、後でまた出会った時にそのキャラクターにサインをもらうのです。

    良い思い出を形で持ち帰ることができました!




     

     

    私としてはなかなかのナイスなサインのもらい方だと思って自画自賛していたのですが

     

    一緒に行った中学生男子が

    ディズニーで自分の名前を刺繍で入れてもらって購入したキャップに

    出会ったキャラクターにサインを集めていました。

    やられた。


     

     

    また次回

    楽しいサインのもらい方を考えないと。

    2017.04.08 Saturday

    アメリカ旅行をふりかえって vol.7

    0

      アメリカ滞在3日めの

      公立小学校訪問のことを書きとめておこうと思います。

       

      お友達が5年生の担任で理科の先生をしているので

      行かせていただきました。

       

      土地が広いから、日本みたいに何階もある校舎ではなく

      平屋が並んでいます。



       

      教室に行かせてもらったら、ちょうど理科の時間でした。

      みんなの前で自己紹介のあと(アメリカの子ども達の前でちゃんとお名前と年齢を大きな声で言えてえらかった!!)うちの子達も授業に参加させてもらうことに。

       

      Denise先生が「日本からきたみんなに付いて助けてあげながら授業を受けてくれる人?」とボランティアを募ると、みんな我先に手を挙げてくれました!


       

      みんなすごく優しい。






       

       



       

       

       

      掃除機のルンバの原理かな?

      なんだか小さなロボットが登場していました。

      うーん。私は理科が苦手なのでよくわかりませんでしたが、きっとみんなはわかっていたでしょう。




       

      1人1台、教室にノートパソコンやIPadがあって

      それでそれぞれの進度に合わせて学習もしていけるそうです。

      算数の勉強も見せてくれました。


       

       

      そしてランチタイム。

       

      この日は、先生の計らいで 給食ではなくピザを教室にとってくれて

      生徒たちも大喜びでした。




       

       

      美味しかったランチのあとは

      校庭に出てみんなで走り回って遊びました。

      芝生の校庭なんていいな。


       

      お昼休みの間も

      生徒の皆さん、うちの子達のことをとても気遣ってくれて

      話しかけてくれたり遊んでくれたり。

      日本でこんなシチュエーションがあって外国の子達が自分たちの学校に来た時に、日本の子ども達はこんなにも自然に接することができるのだろうか、と考えてしまいました。





       

      でも、うちの子達も頑張りましたよ。

       

      日本から折り紙の綺麗なコマを折ってきてプレゼントしたり


      iPhoneImage.png

       

      けん玉を披露したり

      (クラスにけん玉もプレゼントしていました!)

       

      iPhoneImage.png

       

      こうやって幼いながらに

      日本の文化をシェアしている姿に私はウルっときました。

      用意してくださったお母さま方、ありがとうございました!

       

       

      最後に日本の小学校ではあり得ないこと、もうひとつ。

       

      クラスのペットがこちらでした!!

       


       

       

      楽しく貴重なひとときでした。

      きっと、この経験をした子ども達、日本で外国の子どもに出会ったときにフレンドリーでいられるね。


       

      2017.04.07 Friday

      アメリカ旅行をふりかえって vol.6

      0

        アメリカ旅行、まだまだふりかえります。

         

        思いつくままに書いているので

        日にちが前後していますが

        今日は、ロサンゼルス空港到着後にその足で訪問させてもらったAmerican Familyでのひとときを。

         

        閑静な住宅街。

        お庭の芝生と青い空のコントラストが素敵です。

        カリフォルニアでは日本と違ってお家を塀で囲みません。

        不審者が入っても外からわからないから、ということだと聞いていますが、なるほどね。不審者が入らないように塀で囲む日本とは逆の考え方ですね。

        でもそのおかげで目に優しいグリーンがいっぱい見られて、さらに心踊ります。




        お友達のお家では

        こちらが小さな子どもが多いからか、お庭を解放してそこでお食事を用意してくださっていました!

        空港からのチャーターバス(なんと70人乗りくらいの大きなバスを貸し切りでした!)の中で眠っていたみんなも、この素敵な光景にバッチリ目が覚めましたよ。

         

        こちらのお宅で、私たちの昔の生徒で今アメリカでお仕事している ゆいちゃんと待ち合わせ。

        今回、ハネムーンとして旅行に参加しているご夫婦のために

        デザートのケーキをゆいちゃんが持ってきてくれました。




        中が虹色で、それぞれが違ったフルーツの味で

        すごく美味しかったです!

        ハワイアンのケーキ屋さんで注文してくれたらしい。

        ゆいちゃん、ありがとう!

         

        このご家族はアメリカでは珍しく3世代同居の大家族です。

        みんなで私たちのためにいっぱい用意してくださったんだなあ、というお食事や飲み物で

        ちびっこ達は、このご家族の5歳と3歳のお子さん達からプレゼントまでいただいていました。

        いつも思うけど、アメリカの子ども達って、大人に対しても堂々と話してちゃんともてなしてくれる。

         

        いきなり

        こんなにあたたかい歓迎をしてもらって、みんなちょっとうろたえていたし。笑

         










         

        お家の中も素敵でした。

        みんなが、いいなぁ♡って声をあげたのは

        こんな家族写真の飾り方。

        「うちでもやってみよう。」って言ってた人がいました。

        (実は、うちの娘も以前にこのお宅にお邪魔した時にこの飾りかたが気に入って真似しています。)


         

         

        素敵な素敵な

        私たちのカリフォルニア滞在の幕開けでした。

        2017.04.05 Wednesday

        アメリカ旅行をふりかえって vol.5

        0

          今日は

          今回のアメリカ旅行での夢あふれる出会いを。

           

          お母さんが生徒さんだったので

          生まれた時からよく知っている男の子。16歳です。

          小さい頃からお魚が大好きで釣りが一番の楽しみだったようでした。

          小学生の時だったかな。夏休みの宿題の自由研究で、お魚のことを研究して、何か大きな賞をもらっていました。

           

          ずっと「アメリカに行きたい」って言っていたけど

          「アメリカで釣りがしたい」なんだろうな、って思っていました。

           

          今回の旅行に申し込んできた時に、やっぱり「釣りが出来れば」と言いました。

          現地の釣りのツアーを色々ネットで調べましたが、高額な上になんだか心もとない。

           

          そこに救世主が!

          なんと、アメリカのお友達の息子さん(しかもその子と同年代の)が釣りが何よりも好きだということがわかり、釣りに連れて言ってくださることになったのです。

           

          アメリカ到着の翌日の早朝に、港からの釣りのボートで半日念願だった「アメリカの海でのフィッシュイング」を経験。

          そして港に戻ってからは、磯釣りも。

           

          日本に帰る前には、もう一度お家に招いてくださって、学校から急いで帰ってくれた息子さん達とお仕事から急いで帰ってくださったご主人と一緒に夜釣りを楽しませてもらって、奥様(が私のお友達でした)はお弁当を作ってそこに持って言ってくださったり、釣りが終わってからお家でおもてなしをしてくださった上、1時間近くかかるホテルまで夜中にホテルまで送ってくださいました。

           

          ホテルに帰ってきた男の子の顔が明らかに変わっていました。

          キラキラしていました。

           

          英語まじりの日本語なのか、日本語まじりの英語なのかわかりませんが

          初めて出会ったご家族といっぱい語りあったそうで。

           

          釣りができた以上に、このご家族との出会いが彼にとってはかけがえのない事だったようです。

          日本ではこんなに自分が大事に思っている事を話せる相手はいなかったようで、そして息子さんと自分の将来の夢も同じだったそうで、私が期待した以上の友情が生まれていました。

           

          すごいなあ。

          泣けました。

           

          今度は、自分でお友達になったご家族に会いに行ってくださいよ。


          2017.04.04 Tuesday

          アメリカ旅行をふりかえって vol.4

          0

            振り返っても振り返っても

            まだまだいっぱい思い出がでてきます。

             

            今回の旅行でもたくさん"出会い”がありました。

             

            3年前の話になりますが

            高校入学を前に

            「アメリカで現地の同年代の子達と野球をしたい」という夢を持った男の子が教室のアメリカ旅行に参加をしてくれて

            その夢を叶える事が出来ました。

            その時のブログがこちら。

              ↓

            http://tofriends.jugem.jp/?day=20140328

             

             

            そして3年経って

            その子が4月から大阪のお家を離れて東京に行き大学生になる事になり

            その前にもう一度アメリカに行って、あの時のハイスクールで野球がしたいと望みました。

             

            3年経つと、その時の子達はいないだろうし、校長先生やコーチもいらっしゃるかどうかわからないし

            無理かもしれないなあ、と思いながら、3年前にお願いした教育委員会でお仕事をしている私のホストシスターを通してお願いしてみました。

            すると、その時のコーチがまだいらっしゃって、「もちろんウエルカム!」と快諾を頂いたのです。

             

            ただ3年前と違うのは

            私は他の生徒のみんなをおいて野球の練習についていくことはできないので

            その子一人で私たちの滞在先から離れたそのハイスクールにタクシーで行ってもらわないといけないこと。

            約束の場所や時間に行き違いがあっても一人で対処してもらわないといけないこと。

            とにかく何でも自力でしてもらわないといけないこと。

            でした。

             

            ご両親にもそれでOKをいただいたので、願い通り行かせてもらうことになりました。

             

            まあ、そこはアメリカで(笑)

            約束していた前夜に野球の練習の時間が変更になったりと、私はかなり不安でしたが

            そして、その子もきっと不安もあったでしょうが

             

            やり遂げました!

            ものすごく歓迎していただきました!

             

            1日は練習に参加。

            そして2日目は大きな球場での試合でダッグアウトにユニフォフォームを着て入れてもらって応援。

             

            そして、何より嬉しいのは

            前回に比べて英語力もアップしているし、本人の「この出会いを次に繋げたい」という本気度も違うので

            しっかり連絡先を交換して、ホテルに帰ってからもやり取りをしていました!

             

            嬉しいなあ。

             

            次回は、100パーセント自分の力で渡米してまたコーチに会いに行く事でしょう。

             

            良かったね。

            新しいキャップとジャージもプレゼントしてもらって

            また宝物が増えたね。



             

             

             

            明日は

            釣り少年の嬉しい出会いを書きます!

            2017.04.03 Monday

            アメリカ旅行をふりかえって vol.3

            0
              明日4月4日から 教室は通常どおりです。
              春からスタートされる新しい生徒さん達とのレッスンも楽しみです♪

              さて 今日もアメリカ旅行を振り返ります。

              旅行中
              私はあまりお買い物をしませんが
              一目惚れしたものがありました。


              いつも よし先生へのお土産には悩むのですが、これを見た瞬間、絶対にこれがいい!! と思ったのでした。

              でもそれは、お友達にランチに連れて行ってもらったお店の近くのドリンクのお店にあったもので、お昼どきだったのでレジが長蛇の列でした。
              その後の予定もあったので時間がなくて、心の中で泣く泣く諦めたのでした。

              宿泊先からは、あとで自力で行ける距離ではなかったし。

              自分ではその残念さを顔には出していないつもりだったのですが、お友達にはわかったみたいで。

              日本に帰る前の夜、もう23時になっていましたが、そのお友達がホテルまで「ちょっと渡したいものがあるから。」と来てくれて包みをくれました。

              中を開けると
              なんと!! 私が欲しいと思っていたものでした。

              すごく優しい言葉も一緒にもらいました。
              旅行の最後の夜に、自分が旅行中に良かれと思ってした事が良くない事になった事もあったなあ、とか反省してへこんでいた時なので、お友達の優しさに号泣してしまいました。

              あー、嬉しかった。


              その欲しかったものは、カメラ好きのよし先生にぴったりのものだったんです。


              レンズだと思いきや



              タンブラー!!



              楽しい♪
              よし先生も気に入ってくれました。
              2017.04.02 Sunday

              アメリカ旅行をふりかえって vol.2

              0
                昨日の日記のbeach partyの続きです。

                愛と感謝がいっぱいだったウエディングピクチャー撮影だけではなく
                みんながそれぞれ アメリカのお友達家族が用意してくださった心がこもったお食事を美味しく楽しみ
                会話を楽しみ
                砂遊びを楽しみ
                ビーチバレーまで楽しみました!






                私たちのために、これだけの飲み物、食べ物を作ってビーチまで運んでくださる労力もすごいものだったでしょう。
                その上、ビーチのテーブルは先着順で使用出来るので、朝6時頃から場所とりに行ってくださっていました。

                みんなが英会話をする機会が増えるように、アメリカ人のお友達も呼んでくださっていました。
                いやー、全てが最高でした。




                ビーチにはいくつもバレーのネットがはってあって自由に使えるんです。
                今回行った子達の中に、本格的にバレーボールを頑張っている子が2人いたのですが、その子達もちびっこ達も ちびっこのお母さんも、みんなで一緒に楽しんでいたのが私の理想とする姿だったので、私は1人静かに感動していました。



                本当に素敵なビーチでした。
                Dana Pointというところです。

                本当はもう少し早い時間にここを出発して夕方からディズニーに行く予定にしていたのですが、みんなこのビーチとあたたかく私達を迎えてくださった人達と離れたくなくて。
                予定よりも長く滞在しました。

                こんなにゆっくりと子供連れでも居心地よく安心していられるのはどうしてかなと不思議に思っていたのですが、最後にお友達に聞いてわかりました。

                アルコールが禁止なんだそうです。
                アメリカって、意外とそうなんですよね。
                でも、この青い空、広がる海、たくさんの人達が秩序の中で思い思いに自由に楽しんでいるのを見ていると、ここでお酒は必要ないな、って思いました!

                ビーチを後にする時に
                「ディズニーランドに行けたらいいなって思ってアメリカに来たけど、ディズニーに負けないくらい良いところがあるなんて。」
                って言ってる子がいました。

                アメリカのお友達のおかげで
                みんなが大好きな場所がまた増えました。
                私たちだけでこの場所に行っても、ここまでの感動はなかったです。

                ありがとうございました!!

                2017.04.01 Saturday

                アメリカ旅行をふりかえって vol.1

                0

                  カリフォルニアでのいろいろな事を

                  少しづつ振り返っていきます。

                   

                  日にちは前後しますが

                  2日めのBeach party。

                  アメリカのお友達が全部用意してくれました。

                   

                  この青い青い空にパームツリーの下で繰り広げられた

                  愛あふれる場面をシェアさせてください。

                   

                   

                  この旅行に参加した人達の中のファミリーで

                  結婚式を挙げていなかったご夫婦がいました。

                  たまたまアメリカ旅行の話をしていた時に

                  そういえばうちの娘とその夫のウエディングドレスとタキシード、そして娘たちのベールボーイ&ベールガールをしたちびっこのドレスとタキシードが、そのファミリーの皆さんのサイズとぴったりじゃないかな、と思いついたのです。

                  そして、本当にぴったりでした!!

                   

                  おそらく、このご家族は、アメリカでちょっとそのドレスとタキシードを着て、写メくらい撮るのかな、と思っていらっしゃったようですが、いやいや、そんなことですむはずがない。アメリカですよ。

                   

                  HAPPY WEDDINGのガーランドは

                  お願いしていないのに、こんな写真撮影をする、って話していたので、昨日の日記でご紹介した さなえちゃんが作って日本から持ってきてくれていました!

                   



                  ブーケやブレスレットやコサージュを作ってくれたお友達。

                  プロのような写真撮影をしてくれたお友達。

                  写真をビデオでに編集してさらに素敵に仕上げてくれたお友達。

                  ほーんとにアメリカの皆さん、あたたかくて。

                   

                  wedding pictureの生徒さんご家族とは、長い年数のおつきあいです。

                  こんなトクベツなひとときを一緒に過ごせて、この日もとても幸せでした。








                   

                  Happily ever after....

                  末長くお幸せに。

                   

                   

                  そしてbeachでは、他のみんなも思い思いにいっぱい楽しんでいました。

                   

                  to be continued...

                  2017.03.31 Friday

                  ただいま!

                  0

                    無事に日本に帰ってきました!

                     

                    一緒に行った19人。

                    それぞれが楽しいだけでなく色々な思いを得た旅だったと思います。

                    私もいつも以上にみんなから感動をもらいました。

                     

                    これから毎日のように暫くはアメリカ旅行振り返り日記も書いていきますのでお付き合いください。

                     

                    今回は ちびっこがいる親子連れが4組も。

                    その中で、昔の生徒のさなえちゃんが7歳の女の子と5歳の男の子との参加。

                    昔も 何事にも一生懸命だった さなえちゃんだったけど、今回の旅行に当たって、お子さんたちのディズニーで着るお洋服を何枚も手作りしたり、アメリカで出会う子どもたちのために色々とお子さんと一緒に用意していました。

                    さなえちゃんのお子さんが作った折り紙の作品はアメリカでも大絶賛でした。

                     

                    みんなにスマホのディズニーのアプリを教えてくれたり、記念写真を撮る時に写真がさらに素敵になるように可愛い小道具を作ってきてくれたり、私の足りないところをさりげなく補ってくれた さなえちゃん。

                    日々そんなママに育てられたお子さんだから、やはりまわりから色々なことを得る力があります。

                    英語をもっと覚えて、もっとアメリカの人たちとお話したくなったそうです。

                     

                    現在、アメリカでお仕事をしていて、今回も全面的に私たちの滞在をサポートしてくれた ゆいちゃんに

                    「ゆいちゃんは、よし先生とみどり先生の教室に行ってたから英語そんなにしゃべれるの?」と聞いていたそうです。

                    ゆいちゃん、答えに困っただろうな。(笑)

                     

                    そして、ロサンゼルス空港から日本行きの飛行機に乗った時に、それぞれの座席の前にあるスクリーンでメッセージをやり取りできたのですが、そこでお子さんからママにメッセージが送られたそうです。(おとなりの席から。笑)


                     

                    「ママ、ディズニーランドにつれていってくれてありがとう。

                     わたしも えいご またならいたいから ならわせてね。」

                     

                    泣ける。

                     

                    残念ながら、さなえちゃんファミリーのお家は遠いので、うちの教室には来てもらえそうにありませんが、是非ぜひ パーティやバーベキューとかには来てもらいたいです。

                     

                    昔、高校生の時にアメリカに よし先生と行ったさなえちゃんが

                    こんなに年数が経ってママになった今、私と一緒にアメリカに行くことになり

                    私はとっても幸せでした。

                    2017.03.30 Thursday

                    @成田空港

                    0
                      無事に日本に帰ってきました!

                      あとひと息。
                      これから伊丹に向かいます。

                      ちびっこ多いので、最後まで遠足みたい(笑)



                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM