2019.11.09 Saturday

scrumptious!!

0

    滞在中のCharlie先生が美味しいご飯を作ってくれるんです。

    朝ご飯にフレンチトーストとかパンケーキとか。

    晩ご飯な名前はわからないけど、さすがアメリカ人ながらヨーロッパで長年生活してきただけある!と思われる、アメリカンテイストも含んだヨーロピアンな感じでとにかく美味しい。

     

    今夜はチキンにハムとチーズをはさんでフライにしたもの。

    人参の入ったマッシュポテトもきれい。

    生クリームとか色々なスパイスが入ったソースも絶品でした。

    お料理名をフランス語で教えてもらったけど忘れてしまった。


     

    で、「美味しい」という英語ですが

    "good" や "very good" というのが一般的です。

    もちろん"delicious"も「とても美味しい」という時に使います。

    ("delicious"には「とても」という感じが含まれるので veryはつけません。)

     

    そして、なかなか聞きなれない言葉ですが、Charlie先生にいつだったか教えてもらった「美味しい」という英語に scrumptious という言葉があります。これ、さりげなく使えたらかっこいいな。

    ただ、scrumptiousはちょっと贅沢な洒落たお料理やデザートに使うそうです。

    シンプルなお食事には使わないということで、語感を楽しめる単語ですね。

    まあ、Charlie先生の前では、うちの家族はこの覚えにくい単語をマスターするために、やたら"It's scrumptious!" と使っています。(笑)

     

    2019.08.30 Friday

    Does〜?

    0

      昔からずっと子ども達が大好きな

      "GUESS WH0?"

       

      時代とともにお顔や髪型や名前が変わった"GUESS WHO?"がアメリカで発売されているけど

      このオリジナル版が好きで、もう廃盤になって20年くらい経つと思うので、かなり高価になっているけど買っちゃったもの。

      昔の生徒との思い出がいっぱいあるので(なぜかそれぞれの子にお気に入りの人がいて、ゲームをしながらケラケラ笑ってた)このオリジナル版にこだわってしまうのです。


       

      小学生の生徒のお母さんも

      「私もさせてもらったことがあって懐かしい。」って言ってくれました。

      私も懐かしい。

      まあ、子ども達は私がそんな気持ちでいることは想像もしないだろうけど。

      まだ「懐かしい」という気持ちを知らないくらい若い。(笑)

       

      そして、今日まで私は勝手に、小学1、2年生には、3人称単数が主語の時は"does"になるって難しいだろう、と勝手に思って、

      "Do you have balck hair?" "Do you wear a  hat?" って、主語を youにして、言いやすい Do you 〜?を使っていたけど、試しに、このゲームのやり方の正式の言い方の "Does your person have balck hair?" "Does your person wear a hat?" って言わせたら、文法を気にしない小さな子達は、何も考えずに Do you 〜?" と同じようにすぐに言えるようになった!

      そうそう、この子達にとっては、初めて習うなら、doもdoesも一緒なんだ!とわかりました。

      それなら、あまり聞きなれないdoesの方を先にインプットするのもアリだな、と、今さらながら思った今日。

      3人称単数の時は、doじゃなくてdoesになる、という文法事項は後から知る時が来るからね。

       

       

      明日、8月31日(土)は教室はお休みです。

       

      皆さま、良い週末を!

      2019.08.21 Wednesday

      今どきの問題

      0

        中学1年生の夏休みの宿題のワークブックの問題を見て驚いた!

         

        携帯電話の画面の絵があって

        英語でのテキストメッセージのやり取りの空欄を埋めていくというもの。


         

        これは、今どきの中学生はみんなスマホを持っていて この画面を見慣れている、ということ?

         

        時代とともに、問題形式がどんどん変わるなあ。

         

        数年前は手紙文だったのが、いつしかパソコンのメールの文章になり、今は携帯のメッセージかあ。

         

        ということは、どんどん英語でメッセージをやり取りすればいいなと思うので、

        生徒の皆さん、これからは英語で送ってください!(笑)

         

        2019.06.30 Sunday

        reallyの位置

        0

          6月最後の日、日曜日の朝食は

          明日からの1週間、キッズクラスでサービスする試作のホットドッグでした。


           

          明日から July 4th week。

          私たち日本人だけど、レッスンでJuly 4th(アメリカの独立記念日)のチャンツをしているので

          すらすら言えるようになったらご褒美に、独立記念日と言えばこれ、というホットドッグをあげちゃおうという作戦。

          "Do you like hot dogs?"って聞いたら、たいていの子が"YES!!" "Very much!" って言ってたし。

          ホットドッグ効果に期待。

           

          ところで

          こんな風によく "Do you like 〜?”って生徒に質問しますが

          "No." っていうより、"Not really."って答えると「あんまり好きじゃない」ってやわらかい感じになるよ、と教えてきました。

           

          先日、きちんとセンテンスで答えた子がいて(えらい!)

          " I really don't like it." って。

           

          多分それ

          " I don't really like it." のつもりだよね。

           

          上記は「本当にそれ好きじゃない。」

          下記は「あんまりそれ好きじゃない。」

           

          reallyの位置で全く変わっちゃいます。

          気をつけたいですね。

           

           

          さて、それぞれの人たちが何かと忙しいであろう7月。

          よろしくお願いします!

           

           

           

           

           

          2019.05.23 Thursday

          単語力と発想力と

          0

            先日

            中学生、高校生、大学生のクラスで

            エムシー先生が用意して来てくれたゲームが

            かなり面白かったです。

             

            生徒がそれぞれなんでもいいから英単語を言います。

            "chair" "apple" "police" "university" などなど何でもOK。

            そして全員がその単語のアルファベットが最初につく単語を制限時間内にどんどん書いていくのです。

            正しいスペルでどれだけ書けるか競争。

            そしてその書いていく単語は、元の単語と関連性のある言葉であることが条件。

             

            例えば "pencil" だと

             

            Pencase

            Eraser

            Notebook

            Corrector

            Ink

            Letter


             

            すごく楽しそうだったので

            我慢できずに私も途中から参戦してしまいました。

             

            ただ単に単語を覚えていて知っているというだけではなく

            ひらめかなくてはいけない。

            楽しい。

            紙と鉛筆があればできるゲームなので、英語が好きなご家族の団欒にいかがでしょうか。

             

            2019.05.07 Tuesday

            これは可愛い!

            0

              春はお別れもありましたが

              新しい生徒さん達との出会いもあり

              嬉しい毎日です。

              以前に通ってくれていて、しばらく離れていた生徒が

              またこの春から通いはじめてくれるのもとっても嬉しい。

               

              今日は、元生徒だった綾花ちゃんが

              GWに行ってきたオーランドのディズニーワールドのお土産を持ってきてくれました。

              昨日帰ってきたばかりなのにお仕事帰りに寄ってくれて、ホヤホヤのお土産!

               

              それが とても可愛くて。

               

              なんていうのかなー、ホテルに泊まると置いてあるドアノブにかけるプレート。

              "Don't Disturb"(起こさないでください)

              "Make Up Room"(部屋を掃除してください)みたいなサインが書いてある。

               

              綾花ちゃんが買って来てくれたのはこちら。

               

              片面が

               

               I'M LOOKING FOR

                   MY ONCE UPON A TIME


               

               

              そして

              もう片面が

               

              I'VE FOUND

                MY HAPPILY EVER AFTER


               

               

              この意味、わかりますか?

              可愛さが、じわじわくる。

               

              あー、素敵。

              めちゃくちゃディズニーなお土産でした。
               

               

              2019.04.16 Tuesday

              英語はリズム

              0

                私もまだまだ初心者で

                車に乗る時はいつも CDを流してお勉強中のジャズチャンツですが

                今月April のワンフレーズは多分12か月の中で一番言いにくい。

                 

                例えば 2月なら

                 

                February is here!Hooray!

                Happy Happy Valentine's Day!

                 

                なんだけど

                同じ8カウントの長さで

                 

                今月4月は

                 

                April is here! Hooray!

                The Easter bunny is coming! Have a wonderful day!

                 

                って言わないといけない。

                 

                先週はみんな苦戦していたのですが

                今日、気がついた子がいました。

                「手拍子でたたくところを強く言ったら言いやすい。」

                 

                The *Easter bunny is *coming! Have a *wonderful *day!

                 

                そうそう!

                みんなリズムを手拍子でうってそこの部分を思いっきり強く発音したらスムーズに言える!

                日本語ってあまり強弱がないけど、英語は単語や文章にアクセントが必ずあって、その通りに発音すると英語が流れる。

                それに気づいた小学生たちすごい。

                 

                そして今日のエッグハントゲームも楽しかった。

                昨日もどこに隠したかわからなくなって行方不明になった卵があったけど

                今日も1個どうしても見つからなかったのがあって

                隠した子もどこだったか忘れてしまっていて

                レッスンが終わってしばらくしたら

                Kちゃんのお母様から「家に帰ってきたら、カバンの中に卵が入っていたんですけど。」と連絡をいただいて

                隠した子からも「どこに隠したか思い出した!Kちゃんのおカバンの中だった!」と教えてもらいました。

                 

                明日はちゃんと全部見つけるよー。

                 

                2019.04.09 Tuesday

                company の素敵な意味

                0

                  外国からの旅行者の方々が1年で1番多いのではないかと思う

                  桜が美しいこの季節。

                  私たちの友人、知人も何人も日本に来ていました。

                  その人たちと楽しい時間を一緒に過ごす機会に恵まれた春のスタートでした。

                   

                  " Thank you very much for your company!"

                   

                  何度この言葉を聞いたでしょう。

                   

                  「いただきます」「よろしくお願いします」などの日本語独特の表現を英語に的確に訳しにくい様に

                  この"company"にぴったり来る日本語訳がなかなかない。

                  日本人が学校で習う"company" という単語は「会社」だと思うけど

                  実はこの単語、温かい意味があります。

                   

                  "company"は 誰かと一緒に過ごす時間や過ごした事 です。

                  だから "Thank you very much for your company." というのは、「楽しませてくれてありがとう」「一緒に過ごしてくれてありがとう」という感じかな。いい言葉です。

                   

                  "I enjoy having company," だと

                  「誰かと一緒にいるのが好き。」という感じ。

                   

                  私が高校生の時に、それまで好きではなかった英語が面白い!と思ったのは

                  こういう風に、知っている単語でどれだけ表現の幅が広がるかという事に気がついた時でした。

                  新しい単語を覚えるのも大事だけど、知っている単語の使い方を広げるのもきっと楽しいです!


                   

                  2019.04.05 Friday

                  んー、そんな感じ な英語

                  0

                    今日、中学生との英会話で使ったら「ん?」っていう感じで通じなかったので

                    ちょっと書いておこうかなと思います。

                     

                    むかーし、私がアメリカにいた時のこと。

                    お友達に

                    "Are you busy?"(今忙しい?)と聞いたら

                    "Yeah, kind of."って言われて

                     

                    「kind of にこんな使い方あるんだー!」

                     

                    ってすごく驚いたのを覚えています。

                     

                    当時、アメリカに行く前に学校で勉強した kind of は「a klind of〜 = 一種の〜」だけでしたから。(多分。笑)

                     

                    "Are you busy? "(今、忙しい?)

                    " Yeah, kind of." ( うん、まあね。)

                     

                    という言い方が、なんてかっこいいのか!と思いました。

                     

                    "Are you feeling good?" (気分はいい?)

                    " Kind of."(まあね。)

                     

                    " I kind of like it." (なんかそれいいね。)

                     

                    " We are kind of late" (ちょっと遅れてるんじゃない?”)

                     

                    みたいに例文を考えれば考えるほど

                    スパッと Yes!と言えない私たち日本人に、何て有難い表現なんでしょう。

                    はっきり言いにくい時は是非使ってみてください!

                     

                     

                     

                    Easter Eggをたくさん準備中♪


                     

                    2019.02.23 Saturday

                    veryをつけない形容詞

                    0

                      久しぶりに英語教室らしく英語の話題を。(笑)

                       

                      以前から気になりながら

                      ま、いいか。と流していたのですが

                      中学生たち、高校受験や英検ライティングの自由英作文で語数を増やす目的もあるのか、veryを多発する子たちが少なくないので、ちょっと言っておこうかな、と。

                       

                      意外と日本人は知らない veryをつけない形容詞。

                       

                      wonderful(素晴らしい)、great(すごい)、huge(巨大な)、terrible(ひどい)などには、もともとveryなどの強意の意味合いがあるので普通はveryはつけません。何日か前に生徒と一緒に解いていたTOEFLの文法問題でも、間違い探しの問題で" very fascinating"で veryが付いているから間違いっていうのがありました。

                      私もうっかり「めっちゃ美味しい」という感じで "very delicious"って言っちゃいますが、これもおかしくてdeliciousはそれだけで「とても美味しい」という意味なので。同じく「美味しい」でも、tastyはveryをつけてもおかしくありません。

                      アメリカのお友達は「美味しい」には だいたい"good "を使っていますね。

                      エッセイには使わない方が良いですが、goodは 万能です。(笑)

                       

                      多少のニュアンスの違いはありますが

                       

                      delicious = very tasty

                      huge = very big

                      tiny = very small

                      wondeful = very good

                      starving = very hungry

                      excellent = very good

                      terrible = very bad

                      exhausted = very tired

                       

                      みたいな感じでしょうか。

                       

                      今日、3回も生徒の英文に、つけてはいけないveryを見つけてしまったので書いておきました。

                       

                      あ、ややこしくなるかもしれませんが、どうしても強調したい時は、veryではなくreallyならOKだと思います。

                       

                      We got some bluberrry jam our student's grandmother made.

                      It is really delicious!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM